MACHIKOご愛用者紹介・輝く女性たちVol.81


MACHIKOをご愛用くださっているお客さまをご紹介する「輝く女性たち」。
Vol.81に登場していただいたのは、執行役員として会社全般に関わる企画、運営推進、現場支援などに携わられている綱島さまです。

3人のお子さまを育てながら仕事を続けてこられ、現在は役員を務められている綱島さまに、MACHIKOの使い心地、人生や会社における転機などについてお聞きしました。


こういう成分が入っている、こういう効果があると見聞きすると、「今使っているものより、もっといいかも」と買ってしまうんです。少し前に買ってみた「オイルで保湿する」アイテムはなかなかで、水分だけじゃなく油分も補わなければダメなんだなと実感させられました。

 MACHIKOは、最初に使ったときから、肌に活力が戻ってくる感じがしました。とくに、MACHIKOナイトジェルパックは、つけ心地がよく、翌朝までもちもち感が残っていて驚きました。シンプルな手順で高い効果が得られるのも、うれしい限りです。子どものスポーツの応援などで週末はずっと屋外で過ごしてきたので、そのツケが今になって出てきてしまって。MACHIKOはできてしまったシミにも効果があるとのことなので、使い続けてみようと思います。

人生や仕事における「変化」はチャンス
そう考えれば、前に進めて、成長もできる

「未経験でも大丈夫です」ということで、クレオ(現在の会社の親会社)にSEとして入社しました。数年後に会社が店頭公開することになって本社へ異動、販売購買原価管理業務の担当となりました。その後、企業に内部統制などが求められるようになり、PmarkやISMS、J-soxの導入をはじめ、会社の新たな制度や仕組みづくりを経験させて頂きました。数年間とはいえSEとして現場で開発を経験していたことは、ルールづくりや手続きの効率化に、また現在の会社全般に関わる業務にも非常に役立っています。未経験の分野や新しい試みは、「何でもやってみる」よう心がけてきました。産休明けに復帰したときも(当時は産休のまま辞められる方ばかりで、社内では私が復帰第一号でした)、子どもを保育園に預けて働くなんてと快く思わない方たちも多かったのですが、そういう遠くの雑音は気にせず、まず周囲の人たちに信頼される仕事をしようと心がけました。今もその思いは変わりません。
人生の転機は結婚と育児でした。今振り返ると大きな変化でしたが、若かったこともあって、何の不安もなく、嬉しさや先の楽しみだけを感じていました。たくさんのアドバイスをくれたり、常に応援をしてくれた保育士の皆さんがいて、周囲の方々との関わりの中で子どもたちが成長し、私自身もたくさんのことを教わり、感じ、成長してこられたと思っています。会社でも縁や運に恵まれ、今まで仕事を続けてこられました。縁あって我が社で出会ったみなさんにも「働き続けたい」と思ってもらえる会社であるよう努めていきたいと思います。



プロフィール:


株式会社クレオソリューション
執行役員事業統括本部長
綱島和美
1986年大学卒業後、株式会社東海クリエイト入社。横浜生まれ。
SE部門から、業務部門、社内情報システム部門、コンプライアンス部門や監査部門を経て分社化により株式会社クレオソリューションの本社部門を担当。一男二女の母。


*お写真の花束は関屋紀子さま(Vol.16)主宰Floral Medallionとのコラボレーションとなります。

*画像の転載はご遠慮ください。輝く女性に関するお問い合わせはこちらから





●○スタッフより●○
上品で落ち着いた雰囲気が素敵な綱島さま。昨今では結婚出産後も働き続ける女性が増えてきたとはいえ、仕事と家庭の両立は決して簡単なことではなく、女性にとって永遠のテーマとも言えます。ましてまだ世の中がそんな時代ではなかった頃から既に、綱島さまは「働き続けたい」ではなく「働き続けよう」と決め、3人のお子様を育てながら今の地位を築いて来られました。大変なご苦労を重ねて来られたのだろうと思いますが、そんなご様子を一切感じさせず、人生の転機は「結婚・育児」と仰る綱島さま。働くお母さんの背中を見て立派に育ったお子様たちのお話をするときは、優しくて強いお母さんの顔をされていました。写真は毎週末撮りためられたお子様たちと、一緒にお子様たちの成長を見つめてきたご愛用のカメラです。







<< 輝く女性たちVol.82 輝く女性バックナンバー 輝く女性たちVol.80 >>