MACHIKOご愛用者紹介・輝く女性たちVol.49


MACHIKOをご愛用くださっているお客さまをご紹介する「輝く女性たち」。
Vol.49に登場していただいたのは、現役・元客室乗務員のコミュニティである(一社)CAネットワーク「CAN」の常務理事としてご活躍されている平塚さまです。

子育て中の平塚さんは、MACHIKOの“時短”を「とっても大事」とおっしゃっています。使用した翌日からお肌のトーンが一段階明るくなり、元気になったことを実感されたそうです。MACHIKOの使用感、そして約1年前に設立されたCAネットワーク「CAN」の活動などについてお聞きしました。


子どもといっしょにお風呂に入ったあとは、自分のことにかまっている暇がないのですが、とりあえず1本つければよいMACHIKOはとても助かります。寝る前にMACHIKOナイトジェルパックを塗ると、朝起きたときのモチモチ感が全然違います。お肌が白くふわっと明るくなり、気になりはじめていたシワもなくなりました。

シミやシワを隠そうと厚塗りをすると、かえって老けたイメージになりがちです。お化粧で隠すのではなく、素肌のお手入れに力を入れて、肌質のきれいさを出すことが大切だと思うようになりました。乾燥肌で、化粧水や美容液はダブル使いをするほどでしたが、すーっと気持ちよく浸透していくのが実感できるMACHIKOモイスチュアエッセンスはまさに私に“どんぴしゃ”の1本でした。


「家庭と仕事を両立させるための選択
CAとしての経験・知識を活かせる場づくりを」

国内の大手航空会社に、客室乗務員(CA)として国内・国際線に24年間(うち21年間はチーフパーサーとして)乗務しました。出産後にいったん復職しましたが、夜に家族といっしょにいられないことが、家族への負担、とくに子どもへのストレスになっていました。家庭と仕事を両立していくには、常に優先順位を付けること、仕事に関しては何ごとにも家族の理解を得ることが大切だと考えているので、迷うことなく家庭を優先し、これまでの経験を別の形で活かすことにしたんです。

CAネットワーク「CAN」は、日系/外資系やエアラインを問わない、現役・元客室乗務員を会員とするコミュニティです。客室乗務員の仕事は精神的にも身体的にもハードなので、その心と身体を癒やせる情報や環境を提供することを趣旨としていて、顧問にも甲状腺疾患、産婦人科医院の院長先生などをお迎えしています。会員に対して、ファスティングやメイクセラピストによるビューティレッスンなど、美容や健康に関するプログラムや特典を提供する一方で、客室乗務員ならではのフィルターを通して、例えば“現役/元CAおすすめの”レストランといったキュレーターとしての情報発信なども行っています。接遇・マナー研修も企業サポートの一環で行ってはいますが、接遇・マナーセミナーなどは他のCAコミュニティでもすでにやっていらっしゃるので、私達はそれだけに終わらず、会員の才能を活かせる場や、培った経験や知識を発信できる場を開拓し、それに通じて社会に貢献できるネットワークに成長させていきたいと思っています。

「おもてなしのプロフェッショナルとして
オリンピックの先につながる形の展開を模索中」

最初に、「CAの心と身体の健康と医療とを結び付けられないか」という提案をいただいたのは、ちょうど育児休暇から復職する直前で、正直興味が湧きませんでした。その後、ラストフライトの前日に身内が亡くなり、ものすごく落ち込んでいた時期があるのですが、上司や同僚が頻繁に様子を見にきてくれたおかげで気持ちが救われたんです。その時、人と人とのつながりがどれだけ大切かを実感し、現在CAネットワーク「CAN」代表と一緒に設立を決断しました。相手を理解し、信頼関係を築くことに時間をかけるようにしてきたおかげか、設立時には私が関わっているならと100名ほどが集まってくれました。社団法人という形も、安心や信頼につながったようで、会員は現在200名を数えるまでになりました。

会員と双方向のコミュニケーションをとり、目指す方向を確認するために、定期的にイベントを開催していますが、会員の皆さんの自己紹介では自分の仕事や会社の話が中心になるなど、ビジネス交流会に近い部分もあり、エアラインや元/現役を超えた横のつながりからは新たなグループや新たなビジネスも生まれているようです。
 東京オリンピックの開催決定を機に、「おもてなし」という言葉をよく耳にするようになりました。私たちCA経験者の“おもてなしのDNA”にも注目が集まり、さまざまな企業さまから相談や依頼もいただいています。講習やイベントではその場で、またはオリンピックまでで終わってしまうもの。おもてなしのプロフェッショナルとして、ぜひオリンピックの先にもつながる形で日本のおもてなし文化に焦点をあてた活動を展開していこうと検討を重ねているところです。


プロフィール:

国内航空会社で国内・国際線を24年間乗務。数多くのVIPフライトをチーフパーサーとして経験し、フライトの品質管理・人財育成と組織マネージメントに関わる。シニアソムリエ、アロマテラピー、プリザーブドフラワー、テーブルコーディネートなどの資格を取得。退職後、エアラインの垣根を越えた現役・元CAのコミュニティ、一般社団法人CAネットワーク「CAN」を立ち上げる。
「おもてなし」の精神、コミュニケーション力が強みである私たちが、社会に貢献したい、社会のお役に立ちたいという願いから設立。現在3歳男児の育児中。


*お写真の花束は関屋紀子さま(Vol.16)主宰Floral Medallionとのコラボレーションとなります。

*画像の転載はご遠慮ください。輝く女性に関するお問い合わせはこちらから




●○スタッフより●○

シャープな印象の平塚さまにお目に掛かるにあたり、少し緊張して当日を迎えましたが、とても暖かい笑顔に心が癒されました。
インタビューでは、平塚さまの「CAを大切に思う気持ち」を強く感じました。エアラインの垣根を越えて、一人ひとりを健康面そして、メンタル面からサポート。また、個々の才能やニーズにあった情報の提供を目指すCAネットワーク「CAN」は、現役そして元CAにとって「心と健康の支え」であり、また「道しるべ」のような心強い存在なのだと思いました。

平塚さまの美容方法は、まずはお仕事と子育ての多忙な日々に応える時短美容であること。そして、厚塗りをするのではなく、素肌そのもののコンディションを整えて、綺麗を引き出す美容法。MACHIKOをお使いになられてからは、「お肌が白くふわっと明るくなり、お肌そのものが元気になったことを実感」されたそうです。また、「気になりはじめていたシワもなくなりました!」とお喜びの声も頂戴いたしました。ありがとうございます。

一般社団法人 CAネットワーク CANオフィシャルサイト
http://c-a-net.com/
一般社団法人 CAネットワーク CAN Facebookページ
https://www.facebook.com/cannetcan

<< 輝く女性たちVol.50 輝く女性バックナンバー 輝く女性たち番外編 >>