MACHIKOご愛用者紹介・輝く女性たちVol.55


MACHIKOをご愛用くださっているお客さまをご紹介する「輝く女性たち」。
Vol.55に登場していただいたのは、ヨーロッパのアパレル製品の輸入・販売を手がけるリーミルズエージェンシーでご活躍されている真下さまです。

アトピーで、お肌に合う化粧品を探し続けているという真下さまは、ソープ、ローション、ナイトジェルとMACHIKOをフルコースでご愛用いただいています。MACHIKOアイテムの使い心地、そして取り扱われている老舗ニットブランドの商品の魅力などについてお聞きしました。


アトピーで、とくに季節の変わり目は目や口の周りが荒れやすく、お肌に合う化粧品を探し続けています。また、40歳を過ぎてから乾燥による毛穴の開きなど、お肌の老化も気になってきました。そんな時、知人から教えてもらったMACHIKOが、両方の悩みを解決してくれました。

MACHIKOモイスチュアソープは、泡の濃密さと弾力に驚きました。洗い上がりもまったくつっぱり感がなく、ゆで卵のようなツルツル感に感激します。MACHIKOモイスチュアエッセンスは、一本ですむ上にあっという間にお肌に浸透するので、忙しい朝や慌ただしい夜のお手入れにとても助かっています。その潤いのおかげかファンデーションもよくフィットし、お化粧崩れもしなくなりました。また、MACHIKOナイトジェルパックには、高価なパックのようなリフトアップ効果もあって、使い続けているうちに小顔になれそうです。

リーミルズエージェンシーが取り扱う製品もそうなのですが、日常的に肌に触れるものは、着ていて、使っていて気持ちいいことが大切で、それが精神的な余裕につながっていくような気がします。そういう意味でも、MACHIKOは私たち働く女性の心強い味方となってくれそうです。


老舗ニットブランドの品質の高さは
創業地と最高品質の原材料へのこだわりの賜

大手商社で10年ほど経理職に就いていましたが、結婚を機に実家が経営する輸入卸商社で働き始めました。この商社は祖父が創設したもので、戦前からヨーロッパの衣料雑貨を輸入しています。メインは英国の老舗ニットブランドJOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー)やカシミアブランドのJOHNSTONS(ジョンストン)の商品で、いずれも200年以上の歴史を持っています。他の老舗・有名ブランドが生産拠点を中国などに移している中にあって、創業地で生産を続けて「MADE IN ENGLAND」を誇る数少ないメーカーなんです。

品質の高さで定評のあるJOHN SMEDLEYでは、最高級品質の原材料であるニュージーランド産のメリノウールとコットンの中でも最上級の超長繊維のシーアイランドコットンを使用していて、肌ざわりが柔らかくて着心地がいいんです。例えば、タートルのセーターは薄手なのにとても暖かく、まったくチクチクせず肌馴染みがよく、敏感肌の方にもお気に召していただいています。羊牧場では一頭一頭に名前が付けられた羊が大切に育てられていて、数年前には「このセーターは××(羊の名前)の毛でできました」というタグが付けられたほど、原材料の選別・管理が徹底されています。また、長い伝統に培われた高度の技術は親子代々JOHN SMEDLEY社で働いている職人に引き継がれています。ハリウッドスターにもファンが多く、映画「007」の中でも主人公が愛用しています。一昨年はエリザベス女王からも英国王室御用達を授与されました。 ファストファッションがはやる時代であっても、品質を優先するお客様にリピートいただいています。スタイリストさんや実際に着用したモデルさんたちの「とても着心地がいい」という口コミのおかげで、近年は日本での知名度もかなり上がってきています。

商品への思い入れがもたらすスパイラル効果
事務方として、女性が働きやすい環境作りに貢献していきたい

以前勤めていた大手企業では感じたことがなかったのですが、今の会社では社員自身が商品に惚れ込んでいて、いいものだからお客さまにも着ていただきたい、喜んでいただきたいという想いが強いんです。それは、お客さまにも十分通じているようです。数十名規模の我が社のモットーは"small but strong”。現在、銀座、名古屋、大阪、神戸、福岡にお店があります。JOHN SMEDLEYやJOHNSTONSのような最高級の商品をお客さまに丁寧にお届けするプロフェッショナルの集団を目指しています。

経理職とはいえ、小さい会社なので資金繰りから財務までを一人でこなさなければなりません。営業や販売は担当者に任せて、私は事務方としてみんなが気持ちよく働けるような職場にすることを心がけています。人員に余裕がないので、バランスをとるのが難しい部分もありますが、アパレル系ということもあって女性社員が多いのと、男性が育児に参加するなど子育てのスタイルも多様化しているので、子育てをしながら仕事を続けられる環境を整えていきたいと思っています。


*お写真の花束は関屋紀子さま(Vol.16)主宰Floral Medallionとのコラボレーションとなります。

*画像の転載はご遠慮ください。輝く女性に関するお問い合わせはこちらから




●○スタッフより●○



英国王室御用達のJOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー)。その日本総代理店の経営を支えている真下さまは、会社の「要」としてバリバリと仕事をこなされているのに、気品に溢れて柔らかな人当たりがとても印象的でした。
お持ち頂いたジョン スメドレーのセーターは、鮮やかな春色のピンク色がとても綺麗で、アトピー肌のわたしでも安心して着用できそうな肌馴染みのよいセーターでした!今度、銀座に足を運んでみたいと思います♪ 品質に絶対の誇りを持ち、世代を超えて愛され続けているジョン スメドレー。MACHIKOも、品質の良さを見極められる女性に年輪のように末永く愛されるブランドを目指したいと思いました。

JOHN SMEDLEYオフィシャルサイト(http://www.johnsmedley.jp/

<< 輝く女性たちVol.56 輝く女性バックナンバー 輝く女性たちVol.54 >>