MACHIKOご愛用者紹介・輝く女性たちVol.64


MACHIKOをご愛用くださっているお客さまをご紹介する「輝く女性たち」。
Vol.64に登場していただいたのは、海外のIT企業が新設した日本法人のスタートメンバーとして、ソフトウェア導入のコンサルティングやサポート、マーケティングに携わられている酒井さまです。

とてもきめ細かいお肌ですが、出産後は化粧水とクリームの2ステップをこなせないことも多く、お手入れ不足がお肌に出てきたとおっしゃる酒井さまに、MACHIKOの使い心地、出産後のワークライフバランスの実践などについてお聞きしました。


仕事でお世話になっている大先輩にお会いした時に、お肌がとてもきれいで、触らせていただいたら「ピタッ」「もちっ」としていてびっくり。早速教えていただいたMACHIKOを使ってみました。MACHIKOモイスチュアソープは、きめ細かい泡がたっぷり立って、エステで洗顔をしてもらっているような気持ちよさがありますね。MACHIKOモイスチュアエッセンスMACHIKOナイトジェルパックも、肌に吸い付くような使い心地で、保湿をしてくれているのが実感できます。

子育て中は慌ただしい上に、運動不足になりがち。身体を動かして汗をかくと気持ちいいし、お肌のハリも戻るので、できる範囲で運動もやっていこうと思っています。


在宅勤務でワークライフバランスを実現
充実感を得られた立ち上げ、次はより大きな達成感を

ドイツで数年間仕事をしていた時は、男女雇用均等法が社会に浸透していて、働きやすい環境でした。日本に戻ってきてからも、機会に恵まれて外資系企業の日本法人立ち上げなど自分に合った仕事をさせていただいてきました。以前は仕事中心の生活でも苦になりませんでしたが、出産後は時間に制限が出てきて、仕事とプライベートを切り分ける、効率的に仕事をこなしつつ成果を上げることを意識するようになりました。今の会社は基本的に在宅という勤務スタイルでフレキシブルに対応して下さり、とても助かっています。夫の理解と協力もあり、お互い助け合いながら仕事と子育てを両立しています。

ニュージーランドやアメリカのチームとの打ち合わせが多いため、朝型勤務へと時間帯をシフト。勤務時間中は集中して仕事に取り組み、その前後に子どもとの時間を確保するようにしています。少人数での日本法人の立ち上げは、自分のアイデアや行動への反応が如実に出るため、毎日が充実しています。今後、メンバーが増えればチームワークならではの醍醐味やより大きな達成感も味わえそうで、それが今から楽しみです。



プロフィール:

ドイツ、ベルリンの大学で修士を終了し、ドイツの大学でお仕事をしていました。
2008年に日本に戻ってから、ジャストシステムに入社し、海外ベンダーとの取引をアシスト。
その後、ドイツのアンチウイルスソフトベンダーの日本法人を立ち上げ、パートナー営業とマーケティング全般を担当していました。
そして2015年1月に現職のSLIシステムズ(サイト内検索エンジン)に転職しました。クライアントのソリューション導入をメインに、マーケティング全般も担当しています。
2歳の男の子がいます。


*お写真の花束は関屋紀子さま(Vol.16)主宰Floral Medallionとのコラボレーションとなります。

*画像の転載はご遠慮ください。輝く女性に関するお問い合わせはこちらから




●○スタッフより●○
これまでとても素敵な輝く女性の皆さまにご登場いただいてきましたが、今回はまた新しいタイプの輝く女性にご登場いただきました。ヘルシーな美しさと明るい笑顔、そしてなんといってもこの眩しいほど透き通る美肌が素晴らしい酒井さまです。梅雨のジメジメとした空気も吹き飛ばす、爽やかな撮影となりました。
在宅勤務というスタイルで、ご家族と助け合いながら仕事と家庭を両立されている酒井さま。お仕事中はゆっくり昼食も摂れないほど一心不乱に働いて、お仕事を終わらせたらお子さまとの時間を大切に過ごされているそうです。お子さまにとって酒井さまはきっと、働く姿がかっこよくて優しいお母さまなのでしょう。結婚していても、子供がいても、女性がますます活躍できるような、そんな社会になっていくといいですね。それにしても女性のパワーってすごいです!


SLI Systems (http://www.sli-systems.co.jp

<< 輝く女性たちVol.65 輝く女性バックナンバー 輝く女性たちVol.63 >>