MACHIKOご愛用者紹介・輝く女性たちVol.71


MACHIKOをご愛用くださっているお客さまをご紹介する「輝く女性たち」。
Vol.71に登場していただいたのは、矯正歯科を専門とされる歯科医師として、また歯科関連の多数の学会でご活躍されている坂本さまです。

余分な成分を含まないお化粧品を長年愛用してきたとおっしゃる坂本さまに、MACHIKOの使い心地、歯科医師としての今後の夢などについてお聞きしました。


オイルや乳化剤を一切使っていないお化粧品をずっと使ってきたので、他のものを使うと余計な成分が溜まってしまうのか、お肌が“苦しく”なってくるのです。MACHIKOはそうしたムダな成分がなく、スーっとお肌に吸い込まれていき、お肌が“楽”でいられます。お化粧のノリもよくなり、周囲から「お肌がキレイになったね」と言われています。
 メークやファッションに気を遣う方ではなかったのですが、お友達のファッションアドバイザーの方に「目力があるのだから、それを活かすメークにしてみたら」とか、先輩の女性の先生に「黒っぽい服ばっかり着て、靴もおばさんみたいなの履いて暗いよ」と言われたのをきっかけに、まつげのメークや花柄の洋服やヒールのあるパンプスに挑戦してみて、自分もキレイになれるんだ、もっとキレイになりたいと思うようになりました。定期的に行う炭水化物を抜くケトジェニックダイエットや毎日欠かさないアンチエイジング効果の高いサプリメントに加え、MACHIKOも私の定番アイテムになりそうです。



患者さんの人生の転機にもなる歯科矯正
将来は地域密着型の総合的な歯科クリニックを

通常の歯科医師よりも勤務時間を調整しやすいと聞き、女性として将来、仕事と家庭との両立を考えて選択した矯正医でしたが、今はとてもやりがいを感じています。縁有って10年前に開業しましたが、いざ看板を上げてみると自分の都合で仕事をセーブするわけにもいかず、3人の小学生を抱えて歯科医と母とを両立させるのはとても大変でした。その後プライベートでもいろいろ悩んだ時期もありましたが、周囲に背中を押していただき、新たな気持ちで前に進めるようになり今が有ります。
 矯正歯科は、ある意味で患者さんの人生の転機のお手伝いとなるので、患者さんの求めていることを慎重に受け止め、数年の治療期間をともに過ごしていけるよう心がけています。将来的には、虫歯の治療、歯列矯正、義歯、インプラントなどを専門とする先生や、子供から高齢の方、さらに妊娠前の女性、妊婦さんの口腔管理や食のアドバイスまで関われるよう栄養士を揃え、さらに呼吸、姿勢、咀嚼嚥下機能アドバイスをおこない、ここに来れば家族の誰もが口の中のあらゆるメンテナンスをしてもらえる、そんな地域密着型のファミリートータルデンタルクリニックを開くつもりです。これまで出会った多くの方々に感謝し、ご恩返しが出来るよう自分にできる事を全力で尽くしたいと思います。




プロフィール:

所属団体・学会
日本矯正歯科学会 認定医・日本臨床矯正歯科医会
日本成人矯正歯科学会・日本舌側矯正歯科学会・東京矯正歯科学会
日本アンチエイジング歯科学会 認定医・日本歯科人間ドック学会 認定医
日本歯周病学会・日本臨床歯周病学会・日本抗加齢医学会
抗加齢歯科医学研究会・日本顎変形症学会・日本口蓋裂学会
日本口腔筋機能療法学会・国際歯科学士会日本部会(ICD)フェロー
東京都女性歯科医師の会・WDC(Women Dentists Club)



*お写真の花束は関屋紀子さま(Vol.16)主宰Floral Medallionとのコラボレーションとなります。

*画像の転載はご遠慮ください。輝く女性に関するお問い合わせはこちらから







●○スタッフより●○
一見クールな美人女性歯科医という印象の坂本さま。ですが柔らかくてお茶目で、特にご家族について嬉しそうに話してくださいました。ご家族をとても大切にされている坂本さまからコメントを頂戴しましたのでご紹介します。
「小さい頃から料理や家庭科関連は唯一好きなことでしたが、家庭に入った時点でこれは任務(笑)に変わってしまいましたので、その範囲内で楽しむようにココロを温めています。子供達も大きくなり皆が揃うことが難しくなりましたが、奇跡的にスケジュールがあったときは、娘達と一緒に料理をし、さながらホームパーティーのようになります。子供達のリクエストで、毎年おせち料理を2〜3日かけて作るのが我が家の恒例となっています。母ちゃんで良かったわたし!そう実感する瞬間です。」

銀座並木通り坂本矯正歯科クリニック 公式ウェブサイト (http://ginza-soc.com

<< 輝く女性たちVol.72 輝く女性バックナンバー 輝く女性たちVol.70 >>